綺麗でおいしい江戸駄菓子

まんねん堂ってどんなお店?

まんねん堂は昭和7年、東京の下町台東区に店をかまえました。

創業当時、台東区周辺の下町には歴史と伝統、そして卓越した技術を継承するたくさんの 駄菓子職人がおり、「べっ甲飴」に「はっか棒」、「翁あめ」に「有平糖」など、素朴であ りながら職人技の光る駄菓子が作られていました。

しかし時代につれ、駄菓子は大量生産の新しいお菓子に押され、職人も高齢化や後継者不 足などの理由で年々数が減ってきました。

職人がいなくなると技術も失われ、長い年月人々から愛され、親しまれた伝統的なお菓子 も姿を消してしまいます。

まんねん堂は、「何とかして駄菓子を守りたい」という気持ちから、下町の駄菓子職人を 守り、昔から変わらない味を守っています。

食べ比べていただくとお分かりいただけると思いますが、同じ駄菓子でも大量生産のもの と、まんねん堂のものでは「甘さ」ひとつをとっても質が違います。

たくさん食べても飽きず、後味が良い駄菓子は、材料も技術もできるだけ昔ながらの製法 で作られた駄菓子ならではのものです。

家族揃って一家団欒のひと時、日々の生活の中に東京の下町の家庭にはいつでもそばに駄 菓子がありました。お祖父ちゃん、お祖母ちゃんからお孫さんまで、お菓子ひとつで同じ 時間を共有でき、笑顔が生まれる。

駄菓子にはそんなパワーがあると思っています。

京にしき

ばななフローレット

こんぺいとう

金花糖への思い

江戸の時代から続く、江戸駄菓子の基本 「金花糖(きんかとう)」。

まんねん堂では、この「金花糖」になみなみならぬ思いを持って販売しております。

お菓子の根本ともいえる「金平糖」や「べっ甲飴」などでも製法が日々進化し、改良され ているなか、「金花糖」の作り方は当時のまま。

日進月歩の今日、これだけの伝統と歴史を持つ駄菓子は他にありませんし、実際に現在で も「金花糖」を製造・販売しているところも、ほんの一握りです。

歴史と伝統、そして高い技術を持ってつくられた「金花糖」をお客様へお届けできること をまんねん堂は誇りに思います。

金花糖

金花糖

金花糖

一点一点すべて手作りの縁起物 金花糖特設サイト
一点一点すべて手作りの縁起物 金花糖特設サイト

まとまった数のご注文について

お急ぎの場合、まとまったご注文の場合は、前もって予めご連絡を頂戴できれば幸いです。 詳しくはコチラ

ご注文からお届けまでの日数

1週間を目途に発送しております。